前回、PCMAXを使ったセフレを作るまでの流れをかなり具体的にご紹介しました。
セフレの作り方、PCMAX実践編
上記の通り実践してもらえれば誰でも女性に会う事は出来るはずです。
その中で、セックスまで持ち込める女性も増えてくるでしょう。

ですが、その後もセフレとして長く続くかどうかの部分において、
セックステクニックは重要になってきます。

もちろん、セックスに持ち込むまでの流れが
いかに紳士的かどうかも非常に重要ですが、
そこまでは完璧でもセックスが自分勝手だったり、
あまりにも勘違いした内容だと二度目はないでしょう。

ですから、今回は意外と勘違いしている男性が多いセックステクニックについて、
書いてみようかと思います。

ネットで検索しても、気づけば変なセックステクニックDVDを
売り込んでくるサイトばかりなので、あくまで私の経験だけで書いてみます。

 

セフレの作り方、セックステクニック編

アダルトビデオはセックス教材にはならない

男性のセックスにおいて、一番多い間違いがこれです。
普通の男性であれば、相当数のアダルトビデオを日常的に見ているはずです。

自然とそのアダルトビデオで男優がやっているテクニックが
女性を喜ばせるセックステクニックだと勘違いしてしまいがちです。

しかし、アダルトビデオはあくまで、
第三者に見せるためのセックスだという事を理解しましょう。

基本的にアダルトビデオで男優が行っているセックスは、
すべてオーバーアクションです。

・音を立ててクンニする
・Gスポットを指でガンガン刺激する
・潮吹きさせる
・卑猥な言葉を言わせる

上記などはその分かりやすい例ですが、ハッキリ言って女性は喜びません。

まず、覚えなければいけない一番大切なことは一つです。

 

愛撫はすべて、自分のイメージの半分以下の強さで優しく行う。

1

女性の体はとても敏感なので、こんな弱くていいのかな?
と思うくらいでちょうどよいのです。

AVの通りにやってしまうと、
強すぎで痛いだけのケースが非常に多くあります。

しかも、痛かったり刺激が強すぎて
苦しそうな表情をしている女性を見て、
よしよし、かなり感じてるな」などと
思いっきり勘違いしている男性が多いのです。

もちろん、女性にも色々なタイプが居ますから、
特にドMの女性などは滅茶苦茶にしてほしい
などという希望を持つ子も実際にいます。

ただし、そういった女性でも優しく愛撫されるのが嫌いという女性に
会ったことはありません。

少なくとも最初は優しいセックスでとろけさせたうえで、
セフレ関係ならではの、過激なセックスを話し合いの上行えばよいのです。

男性でさえ、いきなり亀頭をごしごし擦られたら、
気持ちよくないですよね。

女性はその数倍デリケートだという事を肝に銘じてください。
いきなり指を突っ込んだり、
手でクリトリスをこするなんて言うのは論外です。

特にクリトリスは男性ではわからないほど敏感なので、
指で触るなら、指を濡らしたうえで触れるか触れないか程度で触りましょう。

出来れば最初は、舌で皮の上から優しくなめるのがベストです。

AVは参考にならないとしても、その他のセックス教材DVDなどもありますが
(有名なところではアダム徳永氏)基本的には、
限界まで女性を優しく扱うことが出来れば、
あまり細かいテクニックは必要ないと思います。

簡単なようですが、これが出来る男性は少ないので、
もしあなたが優しいセックスを身に着ければ、
女性は初めての快感に虜になってしまうでしょう。

 

セフレの作り方、セックステクニック編②

セックスの目的は射精ではない

2

男性のセックスに対する勘違いでAVの見過ぎの次に多いのが
射精目的でセックスをする」です。

そもそもそんなことを考えたこともないかもしれませんが、
動物として考えれば射精して受精が目的で何も問題ないでしょう。

しかし、セフレとのセックスが妊娠目的ではない以上、
お互いにセックスを楽しむのが目的となります。

 

射精はあくまでおまけ

この発想を持ってセックスしてみてください。
きっとあなたのセックスが根本から大きく変わるはずです。

射精はおまけなので、極論を言えば射精しないで終わりにしても良いのです。
実は私も複数のセフレが居ることが多いので、
別の女性と一日に二度以上セックスをする機会が何度もありました。

そうすると、毎回射精してしまうと
後半の女性対していまいち盛り上がれませんでした。
そんなある日あえて射精をしないと決めてセックスしてみたのです。

すると不思議なことに、いつも以上に女性に対して
余裕をもって奉仕できるうえに、
何度でもセックスが同じように楽しめたのです。

もちろん、射精の瞬間が最も気持ちが良いという事実は変わりませんが、
射精しなくてもセックスが楽しめると気づいたことは非常に大きい発見でした。
※女性にはばれない様に、ゴムを装着の上射精したふりはします。

女性とのセックスは相性も非常に大切です。
私は割とノーマルなので、女性から

「首を絞めながら挿入して」とか
「涙を流していやがっても、喉の奥まで突っ込み続けて」
などとかなりM寄りのお願いをされると正直言って萎えてしまいます(笑)

ですが、その様な性癖全開のお願いをされる前には
必ず「優しいセックス」をしています。

そうすることによって女性からの信頼も得られ、
普段はお願いできないような性癖をぶつけてくるのだと思います。

細かいセックステクニックに関しては、本当に沢山あります。
その内に色々分けて説明しても良いですが、
今回はその大前提となる大切な二つについてお話ししました。

セフレの作り方とセックステクニックは切っても切れない関係にありますが、
そんなに難しいことはありません。
女性に対する心構えが一番大切なのではないでしょうか。

ホテルまで上手くいったのであれば、
その決断をした女性を後悔させないようにしてあげてください。