ナンパというと、かなり抵抗がある人が大半でしょう。
しかしセフレを作ろうと思うのであれば、
ナンパをすることによって得られるメリットは計り知れません。

ナンパを繰り返すことで女慣れする

まず、ナンパを繰り返すことで女性に対して緊張しなくなっていきます。
これはとても大切で、「女慣れした男性」なることが出来るのです。

ですから、ナンパがうまくいかなくても十分意味はあります。
その上で数を重ねていくと、色々分かるようになってきます。
どんな性格だろうか、今は何をしているのだろうか、
色々予測できるようになり、これが色々な場面で使えるのです。

とはいえ、年齢的に40過ぎると、
日本ではなかなかナンパは厳しいのも事実です(笑)
私も30半ばまでは、それなりに声をかけたりしていましたが、
さすがに40代になってからは、ナンパはしていません。
常にセフレがいるのもありますが、
声をかけてもかなり警戒されるようになってしまいました(笑)
もしあなたが、まだ年齢的に若いのであれば試しにナンパしてみましょう。

こういったアドバイスをすると、
色々なマニュアルを読んで効率よくナンパをしようとする人と、
とりあえず何だかわからないけど声をかけてみる人が居ます。
前者は、きっと最後まで実行に移さないでしょう。
何をやるにも「効率」を求めるタイプの人は
セフレを作るのは難しいと思います。
失敗を恐れずにとりあえず行動するタイプが吉です。

立ち飲み屋は声をかけやすい

駅前でひたすら声をかけるのはとても勇気が必要なことも事実です。
そこを乗り越えるのが一番早くレベルアップするのですが、
そうは言っても躊躇してしまう人が大半でしょう。
そのような人は、まずは声をかけやすい場所に行くようにしましょう。

オススメは、立ち飲み屋です。
立ち飲み屋で、女性だけのグループが居たら必ず声をかけましょう。

立ち飲み屋に女性だけで来るグループは
かなりの割合でナンパ待ちなのです。

出来れば友達と一緒に行って、
僕たち男だけで寂しいのですが一緒に飲みませんか?
と声をかけてみましょう。
恐らく5割は成功すると思います。
一般的なナンパではありえない成功率です。

その辺からスタートして、
ちょっと暇そうな女の子を見つけたら声をかけられるまでにレベルアップすれば、
出会い系サイトなどを使わなくてもセフレは作れるようになっているはずです。

ナンパがどうしてもだめな場合に出会い系を頼る

しかし、どうやっても恥ずかしくて
ナンパは無理という人も実際には多くいます。
また、年齢とともにナンパは辛くなってきます。
その場合は、やはり出会い系サイトに頼るしかありません。
元々で会いたい人同士であれば、話はとてもスムーズですからね。