セフレのイメージが悪い理由の一つとして、
交際してない男女間のセックスを認めない風潮があると思います。

付き合う前にセックスしてしまうことは、
良くないことと書いてある恋愛指南書も数多くあります。
しかし、よく考えてみると「付き合う」の定義とはなんでしょうか?

セックスしてOKなのが「付き合う」だとするならば、
セックスするまでは付き合っていないことになってしまうような気もします。

例えばアメリカでは、付き合う前の男女の関係を
デーティング パートナー」と呼んだりします。

付き合う前に、デートする関係の事を言いますが、
「体だけの関係」といった意味でも使われるそうです。

しかし、日本における「セフレ」に比べればだいぶ良い印象ではないでしょうか。
パートナーという表現はとても良いですね。

今では人気NO1の男性アナウンサーになった、桝アナですが、
初めて大学時代に女性に告白したところ、
その女性から「付き合うの定義とはなんですか?」と聞かれたそうです。
流石東大理系とも言える質問ですよね(笑)

ですが、付き合うの定義って実は定まっていないものだと思います。
人それぞれ定義があってないようなものです。

セフレも「セックスする友達」と考えるとパートナーであり、
フレンドであり、気持ちがそこに入れば「交際」と言えるケースもあるでしょう。

日本人の悪い癖の一つに形にこだわるという事があります。
もっと柔軟に人間同士の付き合いとして考えれば、
一つとして同じ「付き合う」はないでしょう。

特に男性の場合、綺麗な女の人には
「付き合ってください」と簡単に告白するでしょうが、
その本当の意味は「セックスしたいです」と同じだったりします。

セックスをしたいので付き合ってください。
つまり付き合わないとセックスできないから付き合ってほしいという流れです。

これでは、本末転倒です。
最近の若い人たちはだいぶ柔軟になっているようで、
交際していなくてもセックスをする人は増えています。

交際=セックスOK

そんな基準は、近いうちにおかしい考え方になるのかもしれません。

ちなみに、私が思う「付き合うの定義」ですが・・・
男女が相思相愛になって一緒にいることだと思っています。

この定義なら、「私は付き合ってると思っていたのに何なの!」
みたいなトラブルは起きませんよね(笑)