当サイトはセフレの作り方をメインとして記事を書いています。

 

 

男性向けに書かれている文章が多いため、セフレという言葉が普通に出てきます。

 

 

ただし、一般的に女性はセフレという言葉を忌み嫌う傾向にあります。

 

 

なぜそうなのでしょうか?

 

 

実は割とシンプルな答えがあります。

 

 

また、セフレという言葉自体をきちんと理解していない人も多いように感じたので、今更ではありますが、セフレとは何か?について深堀してみようと思います。

 

 

とは言え、論理的な回答を先に書いてしますとそれで終わりなのですが(笑)

 

 

では、早速結論から書いていきます。

 

 

 

恋愛と性欲とは独立した別の物である

恋愛と性欲はそれぞれ独立した物だと理解すると、これからお話しすることは全て理解できると思います。

 

 

例えば女性からの相談で多いのが

 

 

私は会うたびにセックスだけしてるんだけどこれってセフレかな?

 

 

答えはいたってシンプルです。

 

 

管理人

彼に恋愛感情があれば恋人ですし、無ければセフレです。

 

 

セックスしているかどうかは関係なく、独立した「恋愛感情」の有無だけが大切なのです。

 

 

これは男性であれば余計に理解しやすいと思います。

 

 

毎回セックスばかりでも彼女の事を好きなら恋人ですし、まだセックスまで行っていなくても、好きではない(抱いてやろうと狙っている)ならセフレ関係とも言えます。

 

 

管理人

恋愛と性欲を分けて考えると、シンプルで分かりやすいはずです。

 

 

妻を愛している事と美人を抱きたいという欲求は無関係

先週も水泳の瀬戸大也選手の不倫報道がありました。

 

 

世間の声としては「奥さんが居るのに最低」がほとんどでしょう。

 

 

ただし、恋愛と性欲が独立と考えてみるとどうなるでしょう。

 

 

奥さんを愛していることは恋愛です。

 

 

美人を抱きたいと思う事は性欲です。これらは別々の物なのですから、セックスしたいという欲求は無い方が不健全になります。

 

 

もちろん、奥さんを愛していて性欲も奥さんで満足する人も多くいるでしょう。

 

 

独立した別々の物が、奥さん1人に向いているパターンですね。

 

 

ただし、この場合でも奥さんより美人とか若くて可愛い子とセックスしたいと思うのが普通ですし正常です。

 

 

家の旦那は真面目だから浮気なんてしない!

 

 

そう思っている女性が居るとするならば、最低でも性欲を満たせるように相手をしてあげなければいけません。

 

 

また、浮気をしない男性もいくつかのパターンに別れます

 

・性欲が弱い
・バレたらと思うと怖くてできない
・モテないのでチャンスが無い
・真面目で奥さんを裏切れない

 

 

色々なパターンがあって、世間的には最後の理由が一番称賛されるのでしょう。

 

 

ただし、これは別物である性欲を我慢して生活していることになるので、本人が幸せなのかは分かりませんし、いつか爆発するかもしれません。

 

 

例えば上記の理由で浮気していない人に、石原さとみがハニートラップを仕掛けたとしましょう。

 

 

全員落とされてしまうと思いますね。

 

 

ただし、その事と奥さんを愛しているかどうかは関係ありません。

 

 

管理人

何度も言いますが、恋愛と性欲は独立した物だからです。

 

 

セフレの定義と本当の意味とは?

さて、ここまで読んでもらえばセフレの意味はもう分かっているのではないでしょうか?

 

 

そうです。セフレの定義とは、恋愛感情無しで「性欲を満たす相手」の事を指します。

 

 

という事は、一方からはセフレで、一方からは恋愛対象という事も当然起こりえます。

 

 

一般的には男性の方が性欲は強いので、セフレを作りたがります。

 

 

しかし、女性は精神的関係を求めたがるので、セフレ関係を受け入れない人が多い事になります。

 

 

ここに男性からはセフレ、女性からは恋人と言った食い違いの関係が多く出来てしまう事が、女性がセフレというワードを忌み嫌う理由です。

 

 

次に恋人とは何でしょうか?

 

 

精神的に相手の事を愛おしく思ったり、シンプルに好きと感じる状態でしょう。

 

 

普通は、好きな相手とはもっと近づきたい、触れ合いたいと思いますから、その延長線でセックスがあります。

 

 

ただし、恋愛感情はあるけどセックスはしたくないという人も少数ですが存在します。

 

 

こちらも、恋愛と性欲は独立した物だからです。

 

 

ベストな状態とは、恋愛と性欲の対象がお互いに1人に向かっている状態という事になります。

 

 

これが、性欲だけ向かなくなると「セックスレス」になっていきます。

 

 

本来この状態は恋愛感情とは関係ないのですが、パートナーからは「私の事が好きじゃなくなったから抱かないのね!」などと理不尽に責められたりします。

 

 

このような事も、今回の原則を理解しておけば起こらない事ですね。

 

 

セフレとは悪なのか?

セフレとは性欲を満たしてくれるパートナーの事を指します。

 

 

管理人

この観点から考えると、セフレという関係は全く悪い事ではありません。

 

 

しかし、世の中のイメージはとても悪い言葉だという事も事実です。

 

 

理由は、遊び人の男が真面目な女の子の恋愛感情をもてあそんで、セフレ関係にしているとう事例が意外と多いからでしょう。

 

 

例えば女の子が「今ある人のセフレになっていて、どう思う?」と女友達に聞けば100%「そんなくず男と会うのやめなよ」とアドバイスするでしょう。

 

 

ただし、私に相談されたら回答は違います。

 

恋愛と性欲は別物で、彼はあなたに対して「性欲」という面でとても魅力を感じているからセフレにしているんだよ。

 

確かに恋愛感情は無いだろうから、性欲だけで求められることが嫌なら会うのをやめればいい。

ただし、あなた自身が本当に嫌なのかよく考えてみて。もし今が幸せだと思うなら、あえて離れる必要は無いと思うけどね。

 

 

管理人

一般的な道徳で考える事が、正しいとは言えない事例は世の中にはたくさんあります。

 

周りが二人の関係をよく知りもしないで、「離れた方がいい」などとアドバイスする方がよっぽど不親切ではないでしょうか。

 

 

セフレ関係を長く続けるコツとは?

今回サラッと書いた内容は、実は男女関係を築く際にはとても大切な事だと思います。

 

 

私が長年にわたって複数のセフレが居るのも、その辺を敏感に感じ取れるかではないでしょうか。

 

今回の事を理解したうえで、セフレ関係を長く続けるコツを書いてみます。

 

 

その方法とは「性欲を満たしたいと不満に思っている女性を見つける」だけです。

 

 

何度も書いているように、性欲は独立した物ですから、現状の生活において満足出来なければ不満が出てきます。

 

 

その様な性的に不満を持った女性と出会う事によって、セフレ関係は簡単に築くことが出来ます。

 

 

もちろん、不満を解消させてあげるだけのセックステクニックは必須ですし、そこまでのムードを作るための大人の男性としての振る舞いは当たり前です。

 

 

ここまで読んでみて、今の生活が「性欲的に不満」だと感じたのであれば、男女問わず以下の記事を読んでみてください。

 

 

管理人

その様な男女が集まる場所がありますので、パートナー(セフレ)は驚くほど簡単に作れます。

 

人妻と不倫セックスする出会いの裏ワザ